エリア・流れ

対応エリアCORRESPONDING AREA

map
高野空調は大阪府松原市を中心とした、近畿一円エリア(車で1.5時間程度)に対応しております。
ルームエアコン工事がご必要の際は、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。

取り付けの流れINSTALLATION OF FLOW

お問い合わせから作業開始まで

  1. お問い合わせ

    まずはお気軽にお電話・メールにて高野空調までご連絡を。
    担当のスタッフが内容をお聞きしますので、なんでもお申し付けください。
    その後、お客様のお宅にお伺いする日程を決めさせていただきます。

  2. お見積もり

    お客様のお宅へとお伺いし、施工箇所やエアコン本体を拝見させていただきます。
    この時点で詳細なお見積もりをご提出することが可能です。
    お見積もりのご提出までは無料となっておりますのでご安心ください。

エアコン取り外し

  1. 工事前準備

    お部屋を汚したり傷付けたりすることのないよう養生を行ないます。
    壁や床、畳などをしっかりと保護して作業に入りますのでご安心ください。
    高野空調は細かな点にも配慮した、満足度の高い施行をお約束いたします。

  2. フロンガス回収

    取り外し前にまずは室内機や配管に残っているフロンガスを、室外機へと回収する作業(ポンプダウン)を実施いたします。大気汚染の原因となるフロンガスの放出を防ぐための大切な作業です。

  3. 取り外し作業

    エアコンの室外機、室内機、さらには室内機の据付板を取り外します。
    取り外し後は壁などにビス穴などが残ってしまうため、取り外し工事のみの場合にはパテや汎用キャップ等を使用して、ビス穴を隠す作業を行ないます。

  4. 取り外し後作業

    エアコンをすぐに使用する予定がない場合、配管内にホコリやゴミが入ってしまわぬよう、テープや専用のキャップを用いてふさいでおきます。お引越し等でエアコンを移動させる際は、丁寧にエアキャップ等での梱包を行ないます。

エアコン取り付け

  1. 工事前準備

    お部屋を保護するため、養生マットを床に敷き、取り付け場所の周りの壁などの養生を行ないます。その後、取り付け箇所をお客様とご相談の上決定し、取り付けるエアコンの配管などに問題がないかを確認してから作業へと移ります。

  2. 配管穴あけ工事

    エアコン配管用の穴がない場合、ドリル等での穴あけが必要です。まず壁裏センサーなどで内部の柱の状態を確認してから穴の位置を決め、さらには小さな穴をあけて筋交いを確認するなど、慎重に慎重を重ねた作業を行なっています。

  3. 室内機取り付け

    エアコンの室内機を取り付ける際には、まず据付板を設置しなければなりません。
    柱や間柱などの強度が確保できる箇所に、木ねじなどを用いて固定します。
    その後、エアコン用アース端子と室内機のアースを接続してこの作業は完了です。

  4. 室外機取り付け

    ドレンホースに断熱材を巻いた上で、配管、電線、ドレンホースをコーテープでまとめます。設置箇所に応じてブロックや専用金具を使い、室外機を傾かないよう設置した後、余計なパイプをカットすれば室外機取り付けは完了です。

  5. 真空引き

    真空ポンプを使ってエアコン内のエア抜き作業(エアパージ)を行ないます。
    真空状態になっていることを確実にチェックしたらポンプを取り外します。
    高野空調はあらゆる作業において、安全確認や作業確認を怠ることはありません。

  6. 試運転

    実際に取り付けたエアコンが正常に稼働するかどうかの確認作業です。
    冷房、暖房ともに動作させてチェックしたら、排水が正常に行なわれるかを確認するため、水を少量入れて運転させるドレンテストも行なわせていただきます。

  7. 取り付け終了

    以上でエアコンの取り付けがすべて完了となります。
    取り付け箇所や工事の内容にもよりますが、標準的なものですと取り外しと取り付けを含めて、概ね1~2時間ほどで施行を終えることが可能です。